顔の中でしみになりやすい部位、しみの一番の原因

しみになる原因として、加齢によるストレス、睡眠不足、肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常などが挙げられます。

顔の中でしみになりやすい部位は、額、ほほ、眼の周り、口の周りです。特に、出っ張っている部分、ほほ骨の高い部分はシミができやすくなります。
しみの一番の原因は紫外線と言われています。紫外線を浴びると、活性酸素が発生し、メラニン色素が発生します。

日焼け止めは夏の定番の日焼け対策グッズですが、日焼け止めに表示している、SPFとはUVBに対する指標で、最高値は50でそれ以上になると50+で表示されます。SPF10でも塗らない時より肌が受けるUV-B量を10分の1に減らしてくれます。

PAとはUV-Aに対する指標です。+から++++の4段階で表示されます。外出して、日光にずっとされされた場所に行く人は、SPFやPA値の高いものを選ぶ方がいいでしょう。日焼け止めは外出直前に塗る方がいいです。塗ってからも、汗をかくと落ちてしまうので、そういう時は、塗り直した方がより効果的です。

なお2層タイプは振ってから使うようにします。

紫外線以外にも、過剰なストレスでも活性酸素が発生して、メラニン色素を増やします。

活性酸素を取り除くSOD酵素という成分が明日葉やルイボスティ―に含まれていますので、そういう飲み物を積極的に摂るのもおすすめです。
また新陳代謝が鈍るとメラニン色素が沈着しやすくなります。肌の新陳代謝を良くするには、ビタミンやミネラルが不可欠です。もし肌荒れが気になるようであれば、マルチビタミンやマルチミネラルで補うのもお勧めです。

できてしまったシミにはビタミンc誘導体が有効です。ビタミンCにはメラニン色素を抑え、しみを防ぐと共に、しみを薄くする効果が期待できます。

妊娠中はMSH(メラノサイト刺激ホルモン)が通常の10倍にもなり、メラニン色素が作られやすくなるために、普段よりも日光に当たらないように対策が必要です。
血行が悪いと、ビタミンやミネラルが吸収されにくくなります。そのため、結構良くするために、足裏のかかとをマッサージするのもお勧めです。

ニキビ肌でもオイルを使うと効果的なこともある

ニキビ肌だから、顔にオイルを塗るの嫌だという人がいます。

 

オイル系の化粧品を使うともっと悪化するのではないかと心配するのですね。しかしニキビ肌でもオイルを使うと効果的なこともあるのですね。それをご紹介します。

ニキビができたら、まずオイルパックをしてみる

ニキビができたら、洗顔をたくさんして清潔を心掛けようと思う人がほとんどです。しかし出来てしまったニキビをあまりいじりすぎると、反対にそこからばい菌が入ってして感染を起こすので、洗顔のし過ぎが悪影響を及ぼすことがあるのです。しかしニキビを黙って放っておくことはできませんね。

そんなときには、まずオイルパックをしてみてはどうでしょうか?オイルというのは、ホホバオイル、馬油、ココナッツオイル、またワセリンなども効果的です。これを洗顔前にニキビの部分に集めに塗ってパックをするのです。

長時間は必要ありません。15分程度の短い時間でも大丈夫です。ニキビ穴に詰まった皮脂や角質をオイルが柔らかくしてくれるのです。その結果洗顔をした時に、ニキビ穴の汚れを除去しやすくなるのですね。また始めにオイルを塗ってあったので、洗顔をした時に乾燥しすぎることがありません。

肌は乾燥を感じると、それを補おうとして、皮脂を多く分泌しなければいけないと思うのですね。そうすると反対に皮脂が多く分泌されるようになるのです。しかしオイルパックをした後に洗顔をしても、潤いはある程度保たれているので、皮脂の分泌が過剰になることはありません。その点でニキビ肌にオイルパックが効果があるのですね。

殺菌効果のあるオイルを使用する

例えば、ホホバオイルには、殺菌効果があります。そのためニキビ穴についたばい菌を落としてくれるのですね。またビタミンやミネラルといった、肌に必要なものをたくさん含んでいるので、ニキビを改善させるのに効果的なのです。
もしもニキビを初期段階で改善させたい時には、良質で効果のあるオイルパックが大切です。”

体重を効率的に減らす方法のポイントは2点

ダイエットに関する情報は、テレビやインターネットで盛んに取り上げられています。

体重を減らすということがこれほど難しいかと思えるほど、沢山の種類のダイエットが巷には溢れています。ダイエットの方法論には、百花繚乱の感があります。しかしながら、「体重を効率的に減らす」というシンプルな観点から考えた場合、基本的なポイントに集約することができます。

まず、食事面です。

どれだけトレーニングに精を出したとしても、一日の消費カロリーを上回るだけのカロリーを摂取していては、未来永劫体重を減らすことはできません。「一日の摂取カロリーより一日の消費カロリーを増やす」という極めて当たり前の事実をあらためて認識することが必要です。

この点を理解すれば、摂取カロリーを減らすように努力するようになりますし、また、消費カロリーを少しでも増やそうと工夫するようになるでしょう。そこから方法論が決まるのです。次に、運動面です。上述したように、食事を工夫することによって摂取カロリーを抑えることができていれば、運動することによって消費カロリーを増やすことに成功すれば、どんどん体重を効率的に減らすことができるようになります。

運動には有酸素運動(ジョギング、ウォーキングなどの呼吸をしながら長時間運動をする場合)と、無酸素運動(筋力トレーニングや100メートル走など呼吸を止めて短時間に運動をする場合)の2つに分けることができます。消費カロリーを増やすという意味では、有酸素運動の方が効率的であることは明らかです。有酸素運動をすることによって、少しずつカロリーを消費できます。

たとえば、ランニングを1時間しっかりとすることによって、だいたい300カロリーから800カロリー程度は消化することができるでしょう。有酸素運動を毎日の習慣にすることができれば、少しずつ体重を効率的に減らすことができるようになります。

また、無酸素運動、その中でも主に筋力トレーニングについては、取り組む前に正確な理解をすることが極めて重要です。すなわち、筋力トレーニングは、筋肉を刺激することによって筋繊維を破壊し、超回復(壊れた筋繊維を修復する機能)によって筋肉を少しずつ増やすことです。

筋肉を増やすとどうなるかと言えば、基礎代謝量が上がるのです。基礎代謝量が上がれば、生命維持に必要な最低限の消費カロリーが増え、いわゆる「やせやすい身体」「太りにくい身体」を手に入れることができます。

体重を効率的に減らす方法のポイントは2点です。雑多な情報に振り回されることなく、シンプルに本質を理解したいものです。

美容商品は二つの観点から選ぶことを推奨します

最近は社会全体で美容の知識が豊富になってきて、お肌ケアに良さそうな商品も続々販売されていますよね。

そんな美容商品についてですが、みなさんはどのように化粧品や美容液などを選んでおりますでしょうか。あまり深く考えずに選んでいる方も多いかもしれませんね。ここでは、商品の選び方について、二つの観点から選ぶことを推奨します。

肌トラブルの原因

肌の状態をよくするには様々なことに注意しなければなりませんが、最も重要なことはやはりスキンケアです。どれだけ美肌づくりの努力をしても、スキンケア方法が間違っていると効果は薄くなります。

では、失敗しないスキンケアを行うためにはどうすれば良いでしょうか。

安全性の観点から選ぶ

「肌の優しさ」を重視して選ぶことは大切な観点の一つです。肌対策を行ったはずなのに、逆に肌トラブルが起きてしまった、となっては本末転倒ですからね。

肌への優しさを考慮して選ぶ場合、具体的な方策は以下の二つとなります。

1、無添加商品・オーガニックコスメ

添加物の入っていない無添加のものや、無農薬野菜を使用したオーガニックコスメ系のものを選ぶのは、比較的安全性が高いと言えます。天然由来のものは肌に良いものが多いです。

2、不安成分を避ける

不安な成分が入っている化粧品、化粧剤は避けましょう。よく言われるのは防腐剤、紫外線吸収剤、タール色素などです。一般の人が使用するぶんにはそれほど問題はないかと思われますが、肌の弱い方、敏感肌の人にとっては注意が必要です。

人気の成分から選ぶ

もう一つの観点は、人気の成分から選ぶこと。例えばコラーゲンやセラミドなどを謳っているものでハズレは少ないでしょう。
コラーゲンなどの他で有名なのはヒアルロン酸です。この成分は関節症の文脈でも耳にしますが、美容にも良いです。

このほか注目されているのはプラセンタ、フラーレン、アルブチン、ハイドロキノンなど。ココナッツオイルに含まれるトコトリエノールも美肌をサポートするとされています。これらのいくつかは、聞き覚えもおありでしょう。

お肌に優しいものを選び、なおかつ人気のものを選ぶと、安全でハズレの少ない美容生活を送ることができます。ぜひ参考にしてみてください。”

簡単に美白できちゃう方法、紫外線防止対策を

女性であれば誰しも白雪姫のような真っ白い透明感のあるお肌の憧れを抱くものですよね。そんな美白になれるならなりたいですが簡単で続けやすい方法の方が良いでしょう。なので簡単に美白できちゃう方法を紹介します!

まず本気で美白を目指すのであれば習慣としては外出時には日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。また出来るものなら5月以降から日焼け止めを塗り始めるのがより効果的です。実は夏から日焼け止めを塗り始めても少し遅いからです。また日焼け止めクリーム以外にも日傘や帽子などで紫外線防止対策を行うことも良いでしょう。

また晴れていない日でも雨の日や曇りの日でも紫外線は常に飛んでいるために気をつけましょう。そして塗る場所は見える部分はすべて塗るようにしていきましょう。こうした日々の努力こそが美白への第一歩ともなりますよ。

次に毎日洗顔を必ずしましょう。ルナメアacを使うのも良いのですがそんな化粧品の効果を確実に出していくにはお肌の土台が良くなければ意味がありません。なので日頃から洗顔や化粧水などをしっかりと行っていくことで肌の土台を作ることができるというわけです。

またクレンジングもしっかりと行い、メイクを落としたあとは暖かいタオルで顔全体を覆いましょう。蒸しタオルを使うことによって毛穴を開かせる効果がありより汚れが浮き上がってくるために洗顔て十分に汚れを落とすことが出来るというわけです。

その他にはしっかりと睡眠をとるようにしましょう。これは美白だけに言えることではありませんがしっかりと睡眠をとるようにすることで良い肌になることができるからです。

最後に腸内環境を整えましょう。美白になるためのしっかりとしたハリのあるお肌になる皮膚は腸内環境を整えることによって出来ます。逆に整っていなければ良い皮膚を作ることが出来なくなります。
これらの習慣はとっても簡単で少し生活習慣を見直すだけでどれもできる方法です。是非今日から実践してみましょう!

ニキビをできにくくするために辞めるべき習慣

美しい肌って、何歳になっても憧れますよね。

人と至近距離で話しても恐くないような肌、自慢できるような肌、触りたくなるような肌、そんな肌になりたい女性は多いのではないでしょうか。しかし、現実とはそんなに甘くないもので、実際はニキビなどの肌荒れに悩んでいる方が多いでしょう。でも、このニキビはある習慣を辞めることで、格段にできにくくすることが出来るのです。その辞めるべき習慣を紹介します。

①過剰な洗顔

ニキビが出来ると、清潔にしなくてはいけないと思い、ついつい洗顔に力が入ってしまいますよね。朝、昼、帰宅後、入浴後、寝る前など、度々洗顔してしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、これはニキビには逆効果なのです。過剰な洗顔により、ニキビが傷つけられ、余計に悪化したり、肌を守る成分まで洗い流してしまい、さらに新しいニキビが出来てしまったりしてしまいます。洗顔は、朝晩の2回に丁寧にきちんと洗うだけで十分です。

②過剰な油分の摂取

揚げ物やお菓子などを多量に食べ、油分を摂取してしまうと、皮脂を分泌しやすくしてしまいます。分泌された皮脂が毛穴に詰まり、これがニキビの原因となります。油分というのは、様々な物に含まれているので、知らないうちに摂取してしまっています。意識して「摂りすぎ」を防ぐ必要がありますね。

③睡眠不足

お肌のゴールデンタイムという言葉もあるように、睡眠は美しい肌にとって欠かせないものです。ついついやる事に追われ、睡眠時間が十分に確保できないという方も多いと思いますが、無理してでも睡眠をとってほしい訳があります。

睡眠は、新しい細胞を作り出す成長ホルモンの分泌を助けます。つまり、よく寝ることで肌のターンオーバーが促進されるのです。ターンオーバーがきちんと行われることで、肌がどんどん新しく生まれ変わり、正常な状態を保つことが出来るのです。睡眠不足が続いてしまうと、このターンオーバーが上手く行われず、肌のバランスが悪くなってしまいます。

このように、ちょっとした今までの悪習慣を辞めることで、ニキビが出来にくくなり、美しい肌に一歩近づくことができます。仕事や学校で難しい方もいるかもしれませんが、毎日のことだからこそ、少しずつ気をつけていってもらいたいです。