ニキビ肌でもオイルを使うと効果的なこともある

ニキビ肌だから、顔にオイルを塗るの嫌だという人がいます。

 

オイル系の化粧品を使うともっと悪化するのではないかと心配するのですね。しかしニキビ肌でもオイルを使うと効果的なこともあるのですね。それをご紹介します。

ニキビができたら、まずオイルパックをしてみる

ニキビができたら、洗顔をたくさんして清潔を心掛けようと思う人がほとんどです。しかし出来てしまったニキビをあまりいじりすぎると、反対にそこからばい菌が入ってして感染を起こすので、洗顔のし過ぎが悪影響を及ぼすことがあるのです。しかしニキビを黙って放っておくことはできませんね。

そんなときには、まずオイルパックをしてみてはどうでしょうか?オイルというのは、ホホバオイル、馬油、ココナッツオイル、またワセリンなども効果的です。これを洗顔前にニキビの部分に集めに塗ってパックをするのです。

長時間は必要ありません。15分程度の短い時間でも大丈夫です。ニキビ穴に詰まった皮脂や角質をオイルが柔らかくしてくれるのです。その結果洗顔をした時に、ニキビ穴の汚れを除去しやすくなるのですね。また始めにオイルを塗ってあったので、洗顔をした時に乾燥しすぎることがありません。

肌は乾燥を感じると、それを補おうとして、皮脂を多く分泌しなければいけないと思うのですね。そうすると反対に皮脂が多く分泌されるようになるのです。しかしオイルパックをした後に洗顔をしても、潤いはある程度保たれているので、皮脂の分泌が過剰になることはありません。その点でニキビ肌にオイルパックが効果があるのですね。

殺菌効果のあるオイルを使用する

例えば、ホホバオイルには、殺菌効果があります。そのためニキビ穴についたばい菌を落としてくれるのですね。またビタミンやミネラルといった、肌に必要なものをたくさん含んでいるので、ニキビを改善させるのに効果的なのです。
もしもニキビを初期段階で改善させたい時には、良質で効果のあるオイルパックが大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です